鶏肉の天ぷら

Daily-cooking

みんなのレシピ。野菜とお肉とお魚と

鶏肉の天ぷら

読了までの目安時間:約 2分

鶏のから揚げは私も大好きですが、唐揚げは油が汚れるのが嫌でした。

それで、試しに、鶏肉を天ぷらにしてみました。

意外と美味しくでき、油も汚れなかったので、これをたびたび作っています。

家族にも評判の一品です。

鶏肉は柔らかい胸肉を使うことが多いです。

一口大にきったあと、塩コショウ、料理酒、生姜などで下味をつけておきます。

鶏肉はすぐに味がしみ込むので、長時間つけなくても大丈夫です。

下味をつけた鶏肉に小麦粉をたっぷりふりかけます。

私はカラッと揚げるために、専用の小麦粉を使っています。

そのあと水で水分調節をしながら、軽く混ぜます。

天ぷらと同じように油で揚げていきます。

キツネ色になったら出来上がりです。

熱いうちにいただくのが美味しいですが、冷めても美味しく、味が付いているので、お弁当にも向いています。

ご飯のおかずにもなりますし、ビールなどのお酒のおつまみにも向いています。

アレンジバージョンとして、鶏肉に刻みネギなどの薬味を混ぜて揚げても美味しいでしょう。

揚げたあと、甘酢でいただいても美味しくいただけます。

多く作り過ぎて残ってしまったら、翌日に、玉ねぎの薄切りと一緒に鶏の天ぷらを卵でとじて、天丼にしても美味しくいただけます。

煮込みハンバーグ

読了までの目安時間:約 2分

鶏肉は豚肉よりもあっさりとした味になります。

私はつなぎのパン粉の代わりにおからを入れます。

もちろん両方入れても美味しいです。

おからを入れると、食べた感、満腹感が増す割にはカロリーを低く抑えられ、しかも高タンパクで栄養があるハンバーグが作れます。

ハンバーグの種を作ります。

ひき肉、玉ねぎのみじん切り、おから、パン粉、卵、塩コショウを入れて、粘りが出るまでよく混ぜます。

大きさは小判型や一口大でもいいですし、お好みの大きさに成形します。

この時、空気を抜くようにします。

そして、成形した種をフライパンで表面に焦げ目がつく程度に焼きます。

この時、形が少し崩れてしまっても、ソースで目立たなくなるので大丈夫です。

崩れてしまったハンバーグでも美味しく見えるのが、この料理の良いところです。

両面に焦げ目がついたら、いったん取り出しておきます。

フライパンではソースを作ります。

トマト、トマトジュース、ケチャップ、コンソメなどのダシ、玉ねぎ、ピーマン、茄子などの野菜を入れます。

野菜は有るのものでよいと思います。

トマトジュース(野菜ジュースでも良い)を入れると、美味しくできます。

油分が足りないと思ったら、オリーブオイルやバターなどを入れるとよいでしょう。

塩コショウで味の調節をします。

さきほどのハンバーグを入れて、少し煮込めば出来上がりです。

心も体も温まる一品です。

おすすめ記事
メニュー
最近の投稿