炊飯器で蒸し鶏

Daily-cooking

みんなのレシピ。野菜とお肉とお魚と

炊飯器で蒸し鶏

読了までの目安時間:約 2分

鳥の胸肉に砂糖と塩を練りこんでお酒を振り、炊飯器に入れます。

水はひたひたになるくらい入れて炊飯ボタンを押すだけ。

炊飯器にもよりますが、炊きあがってから30分ほどは保温にしておきます。

これだけで蒸し鶏の完成です。

バンバンジーにしたり、そのまま食べてもおいしいですが、サラダの具にもなりますし、夏になるとそうめんを食べる機会が多いでしょう。

そうめんだけだと栄養が偏るので、タンパク源として具にしてもいいです。

炊飯器には蒸し汁が残るでしょう。それを捨ててしまってはもったいないです。

いいだしが出ているので、味噌汁などの汁ものに使います。

それ以外にも熱いごはんと混ぜ合わせて蒸し鶏を乗せればシンガポールチキンライスのようになります。

この場合、臭みを消して風味を出すためにも生姜とネギをまぜるとさらにいいでしょう。

鶏むね肉の他にももも肉やささみでもできます。

もも肉だとジューシーになるし、ささみだとよりあっさりです。

鳥の胸肉は安い時には100グラム30円以下で手に入ることも。

特売の時にまとめ買いをして、大量に蒸し鶏をよく作ります。

その日の汁ものの出しは、もちろん、これの蒸し汁です。

これを作っておけば、「あと少し・・・」という時や少しもの対ない時にも使えて便利です。

 

この記事に関連する記事一覧

おすすめ記事
メニュー
最近の投稿