Daily-cooking 野菜とお肉とお魚と

Daily-cooking

みんなのレシピ。野菜とお肉とお魚と

炊飯器で蒸し鶏

読了までの目安時間:約 2分

鳥の胸肉に砂糖と塩を練りこんでお酒を振り、炊飯器に入れます。

水はひたひたになるくらい入れて炊飯ボタンを押すだけ。

炊飯器にもよりますが、炊きあがってから30分ほどは保温にしておきます。

これだけで蒸し鶏の完成です。

バンバンジーにしたり、そのまま食べてもおいしいですが、サラダの具にもなりますし、夏になるとそうめんを食べる機会が多いでしょう。

そうめんだけだと栄養が偏るので、タンパク源として具にしてもいいです。

炊飯器には蒸し汁が残るでしょう。それを捨ててしまってはもったいないです。

いいだしが出ているので、味噌汁などの汁ものに使います。

それ以外にも熱いごはんと混ぜ合わせて蒸し鶏を乗せればシンガポールチキンライスのようになります。

この場合、臭みを消して風味を出すためにも生姜とネギをまぜるとさらにいいでしょう。

鶏むね肉の他にももも肉やささみでもできます。

もも肉だとジューシーになるし、ささみだとよりあっさりです。

鳥の胸肉は安い時には100グラム30円以下で手に入ることも。

特売の時にまとめ買いをして、大量に蒸し鶏をよく作ります。

その日の汁ものの出しは、もちろん、これの蒸し汁です。

これを作っておけば、「あと少し・・・」という時や少しもの対ない時にも使えて便利です。

にしん味噌煮炊き

読了までの目安時間:約 2分

魚の中でにしんは、焼いても似ても、おいしく食せますし、子持ちのニシンなんかは、特別美味なように思います。

そのおいしい魚であるにしんの味を最高に引き出せるのが、味噌を加えて炊き込んだ煮込んだ味噌炊きだと思います。

事前に醤油・調味料を加えたダシ汁に、半日漬け置きしたニシンに、ぶつぎりの大根を加え、更に味噌を加えて、煮込んでいきます。その時に、浮き上がってくる油をすくい取って溜め置きします。

 

この油は、非常に美味ですので、これだけを、ごはんにかけても十分においしく召し上がれます。

 

ニシンの煮込みに使う野菜は、大根以外には、特に多用しない方が良いです。

 

ニシンと大根と味噌の混合した味・風味が、ある種のこだわりと独特の風味を醸し出します。そして、子持ちニシンは、いわゆる数の子を抱えたニシンですから、スーパーなどで販売されていますやや乾燥した数の子では味わう事の出来ない、舌あたり・触感が、絶妙で、高級感に浸ることができます。

 

同時に煮込んだ大根は、それこそ、ニシンのうまみがしっかりと浸み込んで、香ばしさも漂い、食を進ませます。

そして、食べ終えたと思いきや、最後に、白ご飯の上に、溜め置きしていた油をかけて食し、二度満足になります。

鶏肉の天ぷら

読了までの目安時間:約 2分

鶏のから揚げは私も大好きですが、唐揚げは油が汚れるのが嫌でした。

それで、試しに、鶏肉を天ぷらにしてみました。

意外と美味しくでき、油も汚れなかったので、これをたびたび作っています。

家族にも評判の一品です。

鶏肉は柔らかい胸肉を使うことが多いです。

一口大にきったあと、塩コショウ、料理酒、生姜などで下味をつけておきます。

鶏肉はすぐに味がしみ込むので、長時間つけなくても大丈夫です。

下味をつけた鶏肉に小麦粉をたっぷりふりかけます。

私はカラッと揚げるために、専用の小麦粉を使っています。

そのあと水で水分調節をしながら、軽く混ぜます。

天ぷらと同じように油で揚げていきます。

キツネ色になったら出来上がりです。

熱いうちにいただくのが美味しいですが、冷めても美味しく、味が付いているので、お弁当にも向いています。

ご飯のおかずにもなりますし、ビールなどのお酒のおつまみにも向いています。

アレンジバージョンとして、鶏肉に刻みネギなどの薬味を混ぜて揚げても美味しいでしょう。

揚げたあと、甘酢でいただいても美味しくいただけます。

多く作り過ぎて残ってしまったら、翌日に、玉ねぎの薄切りと一緒に鶏の天ぷらを卵でとじて、天丼にしても美味しくいただけます。

おすすめレシピサイト

レシピに役立つおすすめサイト
【Cookpad】
クックパット
定番中の定番ですが、やっぱり便利です。

【きょうのお料理】
きょうのお料理
NHKのきょうのお料理

おすすめ記事
メニュー
最近の投稿